今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

マウス不要!Wordのスタイル(見出し)適用ショートカット3選

Wordショートカット
  • URLをコピーしました!

Word(ワード)では、スタイル機能が便利です。

でも、スタイル(見出し)を適用するたびにマウスに持ち替えるのは面倒に感じませんか?
いちいちマウスに持ち替えると、文書作成のリズムが止まってしまいます。

本記事では、スタイルを適用できるショートカット3選を紹介します。
ショートカットを使ってスマートに文書作成しましょう。

プロフィール
プロフィールのアイコン(にわとり)

とさか

  • 大手メーカー勤務の30代男性
  • 独自のタスク管理術により、残業が当たり前の職場で17時退社を4年以上継続
  • 飛び級で昇進試験をパスし、同期最速で係長に昇進
  • 社内の技術文書コンテストで優勝
目次

おすすめショートカット|Alt + Shift + 矢印キー

スタイルを適用するショートカットはいくつかあります。
もっともおすすめなのは、Alt + Shift + です。

まず、新しい見出しを入力し、

新しい見出しを入力

Alt + Shift + を押すと、

見出しが変わった

見出しのスタイルが適用されました!

ちなみに、矢印の向きによって見出しのレベルが変わります。

  • Alt + Shift + ← :直前と同じレベルの見出し
  • Alt + Shift + → :直前から1段下がったレベルの見出し

見出しを適用した後も、Alt + Shift + 矢印キーで自由に見出しのレベルを変更できます。

見出しレベルを好きに変えられるので、このショートカットが一番おすすめです

なお、見出しを解除したい(標準スタイルに戻したい)ときは、Ctrl + Shift + N でできます。

Word作業をもっと効率化したい方は、こちらの記事も参考になるかも↓
【3倍ラク】Word長文作成の便利機能まとめ(論文、技術文書、レポートに)

ショートカット2|Ctrl + Alt + 数字(非推奨)

見出しスタイルの適用は、Ctrl + Alt + 数字でもできます

/ボックス

数字によって、

  • Ctrl + Alt + 1 :見出し1
  • Ctrl + Alt + 2 :見出し2
  • Ctrl + Alt + 3 :見出し3

が適用されます。

ただ、このショートカットはちょっと押しづらいんですよね
片手だと手を広げる必要があるし、両手だと右手を大きく動かす必要があります。

あと、使えるのは見出し1~3のみで、見出し4以降には使えません。

キーが押しづらいと使うのが億劫になるので、あまりオススメしません

ショートカットの割り当ても可能

見出しスタイルにショートカットを割り当てることも可能です。
一番押しやすいので、紹介しておきます。

まずショートカットを割り当てたい見出し(スタイル)を右クリックし、【変更】を押します。

【スタイルの変更】ウィンドウが開くので、左下の【書式】から、【ショートカットキー】を選択します。

スタイルの変更ウィンドウ

【キーボードのユーザー設定】で、割り当てるキーを自由に入力し、最後に【割り当て】を押します。

ここでは、Alt + Aを割り当ててみました。

これで、Alt + Aのショートカットキーで見出し1を適用できます
見出し2, 3も同様に他のキーを設定しておけば、好きなショートカットキーを使えます。
キーボードの配列順に、

  • 見出し1:Alt + A
  • 見出し2:Alt + S
  • 見出し3:Alt + D

なんかが覚えやすいかも。

割り当ては手間ですが、2キーで済むので他のショートカットに比べて押しやすいというメリットがあります。

見出しのショートカットをしょっちゅう使う人にはいいかも

おわりに

スタイルを適用できるおすすめショートカットを紹介しました。

ほかにも、Word作業を高速化する便利機能をまとめた記事があります↓

効率化のヒントが見つかるかも。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次