今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

一括操作も可能!箇条書きの折りたたみショートカット【OneNote】

OneNoteとショートカット
  • URLをコピーしました!

OneNoteは箇条書きと相性が良いですね。

ただ、箇条書きの行数が増えてくると、スクロールしないと見えないし、ページの全体像が把握しにくくなります

そこで今回は、箇条書きを折りたたんだり、展開したりするショートカットを説明します。
一括操作できる方法もあるので、ぜひご覧ください。

目次

ショートカット一覧

紹介するショートカットを表で示します。

アクションショートカットキー
箇条書きを折りたたむShift + Alt + – (マイナス)
箇条書きを展開するShift + Alt + + (プラス)
箇条書きを一括で折りたたむShift + Alt + 数字

具体的な動作について、順に説明します。

箇条書きを折りたたむ(展開する)

箇条書きを折りたたむショートカットは、Shift + Alt + -(マイナス) です。

OneNoteで、次のような箇条書きを書いたとします。

ここで、”階層1”にカーソルを合わせ、Shift + Alt + -(マイナス) を押すと、階層2以下の箇条書きが折りたたまれます。

階層2以下が折りたたまれ、階層1の点(ビュレットポイント)の前に[+]マークが出ました。

これを再度展開するには、階層1にカーソルを合わせ、Shift + Alt + +(プラス) を押します
(先頭の[+]マークをダブルクリックでも展開できますが、押しにくいので私はほとんど使いません。)

再度開くことができました。

折りたたみ=「表示を減らす」のが-(マイナス)キー、展開=「表示を増やす」のが+キーなので覚えやすいですね。

なお、折りたたみ/展開のショートカットは、チェックボックスでも使えます

OneNoteを使ったタスク管理にも便利ですね。もしOneNoteでタスク管理をされている方(したい方)は、次の記事も参考になるかもしれません。

【別記事】OneNoteでタスク管理はできるのか?4年以上継続している実践法を紹介

一括で折りたたむ(展開する)

この折りたたみ/展開は、一括で操作することもできます。

例えば、次のような箇条書きの構造があったとします。

このとき、一番上の”全体構成”にカーソルを合わせ、Shift + Alt + 数字 を押すことで、任意の階層までを折りたたむことができます。

例えば、Shift + Alt + 3 を押すと、3層目以下(節、項の階層)が折りたたまれます。

この状態でShift + Alt + 4 を押すと、今度は4層目以下(項の階層)が折りたたまれた状態になります。

深い階層を非表示にして、全体構成を練りたいときに便利ですね
元に戻したいときは、階層構造の深さ以上の大きな数字で、Shift + Alt + 数字 を押せば戻ります。

また、こういったOneNoteのアウトライン機能の活用方法について、次の記事で詳しく説明しているのでよければご参照ください。

【別記事】OneNoteが進化する!必須ショートカット|アウトライン機能の使い方

補足|折りたたんだ箇条書き全体を選択する

折りたたんだ箇条書きの選択にはちょっとしたコツがいります。

例えば、折りたたんだ箇条書きをどこか別のページにカット&ペーストしたいとします。
このとき、次のようにShiftキーと矢印キーで文字選択すると、階層2の文字だけがカットされます

Shiftと矢印キーで文字選択すると、
文字だけがカットされる(階層3以下は残ったまま)

こんなときは、階層2にカーソルを合わせ、Ctrl + A で選択しましょう

Ctrl + Aで行全体を選択すると、
階層2以下のすべての構造がカットできた。

Ctrl + Aで行全体を選択したのち、カット(Ctrl + X)すると、階層2以下の箇条書き全体をカットできます。

おわりに

今回は、箇条書きに便利な折りたたみショートカットを紹介しました。

もっと便利なショートカットを知りたい!という方は、OneNoteのショートカットをランキング形式で紹介していますので、こちらもご参照ください。

【別記事】【効率化ランキング】OneNoteの便利なショートカット|1位は10倍効率化

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次