今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

マウスフリー!OneNoteの移動系ショートカットまとめ

  • URLをコピーしました!

OneNoteって便利ですよね。

ただ、複数のページに情報が分散するので、
編集したいページへの移動が頻繁に発生します。

その都度マウスでクリックしていると、効率が落ちますね。(クリックミスもありますし。)

というわけで、今回はOneNoteの移動系ショートカットをまとめました。
移動系ショートカットを覚えれば、ストレスフリーにOneNoteを使えます。

お探しのショートカットがあれば、目次をクリックして該当のショートカットの説明に飛べます。

目次

移動系ショートカット一覧

まずは一覧を表で示します。

アクションショートカット
ノートブックの切り替えCtrl + G
セクションの切り替えCtrl + Tab
一つ下のページに移動Ctrl + Pagedown
一つ上のページに移動Ctrl + Pageup
一番下のページに移動Alt + Pagedown
一番上のページに移動Alt + Pageup
前のページに戻るAlt + ←
次のページに進むAlt + →
次のコンテナに移動Alt + ↓
タイトルに戻るCtrl + Shift + T
OneNoteを立ち上げるWindows + 数字

言葉だけでは分かりにくいと思いますので、画像で説明していきます。

なお、画像はOneNote for Windows10のものですが、OneNote2016でも動作確認済みです。
お使いのOneNoteと画面が多少違っても気にしなくてOKです。

移動系に限らず、OneNoteの役立つショートカットをたくさん知りたい方は、こちらもどうぞ。ランキング形式で紹介しています。

【関連記事】【効率化ランキング】OneNoteの便利なショートカット|1位は10倍効率化

ノートブックを切り替える

ノートブックの切替は、Ctrl + G でおこないます。

Ctrl + Gを押すと、画像のようにノートブックの選択ができる状態になります。
あとは、矢印キー(↑, ↓)で移動してEnterを押せば、任意のノートブックが開きます。

セクションを切り替える

セクションの切替は、Ctrl + Tab です。

セクションは画像赤枠の部分で、ページのフォルダのようなものですね。
Ctrl + Tabキーで次のセクションに移動できます。
逆、戻る場合はCtrl + Shift + Tab を押します。(押しにくいですが。。)

一つ下(上)のページに移動

セクション内の一つ下のページに移動したいときは、Ctrl + Pagedown を押します。

ページとは画像の赤枠のところです。
Ctrl + Pagedown で一つ下のページに移動できます。
逆に、Ctrl + Pageup で一つ上のページに移動できます。

一番下(上)のページに移動

たくさんページを作成すると、一つ一つページを移動するのも結構面倒ですよね。
そんなときは、Alt + Pagedown で一気に一番下のページに移動できます。

逆に、一番上のページに移動したいときは、Alt + Pageup です。

前のページに戻る(次のページに進む)

何らかの方法でページを移動したとき、その前のページに戻るときは、Alt + ← で戻れます。
逆に、一度戻って、再度次のページに進む場合は、Alt + → で移動できます。

ページの行き来が簡単にできるので、別のページのテキストをコピペするときなどに便利です。

次のコンテナに移動する

OneNoteはページ内に、コンテナを複数作成し、自由にレイアウトできますね。

画像のように、複数のコンテナがある場合、コンテナをまたいで移動するときは、Alt + ↓ です。
逆に、前のコンテナに戻りたいときは、Alt + で移動できます。

ページの先頭に戻る

ページ内を編集していて、一気に冒頭に戻りたいときがあります。
そんなときは、Ctrl + Shift + T でタイトルに移動できます。(TitleのTですね。)

タイトルを選択した状態になるので、矢印キーを押して移動すれば、ページ内の先頭に戻ることができます。

(おまけ1)OneNoteを立ち上げる

そもそも、OneNoteを立ち上げるのにマウスを使いたくない、という方にやり方を説明します。

まず、OneNoteを立ち上げて、タスクバーにピン留めします

このとき、OneNoteのアイコンを配置した位置が、左から3番目の場合
Windows(田)キー + 3 でOneNoteを開くことができます。
配置した順番が5番目であれば、Windows + 5となります。

これはOneNoteに限った話ではなく、すべてのアプリに使えるので、よく使うアプリはタスクバーに配置して、Windows + 数字 で開きましょう。

(おまけ2)ショートカットを覚えられない!の対策

ショートカットって、慣れるまでが大変ですよね。いざ使おうと思っても、ショートカットキーを忘れてしまって、調べるのも面倒だから結局マウス操作する、というのは使い始めあるあるだと思います。

なので、ショートカットキーを覚えるまでは、見えるところに書いておきましょう。

おすすめは、Windowsの「付箋」アプリです。

このように、付箋に覚えたいショートカットキーを書いておいて、使いたいときに見るようにしましょう。しばらく使っているうちに自然に覚えますので、そうなったら付箋から消しましょう

付箋アプリは、Windows(田)キーを押して、検索窓に「付箋」と入力すれば呼び出せます。(Windowsのバージョンによっては、Sticky Notesという名前かもしれません。)

再度ショートカット一覧表を載せておくので、好きなショートカットを付箋にコピペしておいてください。

アクションショートカット
ノートブックの切り替えCtrl + G
セクションの切り替えCtrl + Tab
一つ下のページに移動Ctrl + Pagedown
一つ上のページに移動Ctrl + Pageup
一番下のページに移動Alt + Pagedown
一番上のページに移動Alt + Pageup
前のページに戻るAlt + ←
次のページに進むAlt + →
次のコンテナに移動Alt + ↓
タイトルに戻るCtrl + Shift + T
OneNoteを立ち上げるWindows + 数字

おわりに

今回は、OneNoteの移動系ショートカットをまとめました。

慣れるまではどうしてもショートカットを思い出しながらになりますが、指が覚えてしまえば、より快適に、より速くOneNoteを使えます

また、もっとOneNoteを使いこなしたい方に、OneNoteをフル活用できるショートカットをまとめた記事がありますので、こちらもご参照ください。

【別記事】OneNoteが進化する!必須ショートカット

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次