今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

【Word】見出しスタイルの書式を変える方法

Wordとアウトライン
  • URLをコピーしました!

Wordの便利機能の「スタイル」。

スタイルは便利ですが、デフォルトの書式は何かしっくりきません。

なので、スタイルを変更して、見出しを自分好みに設定する方法を紹介します。

目次

やりたいこと

まずはやりたいことと最終形を示します。

前記事で紹介したように、Wordでは、見出し(章や節のタイトル)をアウトラインに設定するといろいろ良いことがあります。
章や節の番号を自動で並べ替えてくれたり、スクロールせずに各パートにジャンプできたりします。

しかし、デフォルトの見出しの書式は、ちょっと微妙です。

デフォルト

自分好みに変更したいですね

私は、スタイルの変更を使って、次のように変更しました。

あくまで一例です。自分の好きなように調整しましょう。

見出しスタイルの変更方法

まずは章タイトル(見出し1)を変更します。

章タイトルにカーソルを置くと、【ホーム】→【スタイル】の「見出し1」が適用されていることがわかります。

なので、見出し1を変更していきます。

「見出し1」を右クリックして、「変更」を押します

【スタイルの変更】ウィンドウが開きます。

フォントを変えたいと思うので、左下の【書式】から、【フォント】を選択します

フォントを選択

フォントウィンドウが開くので、好みに設定します。

フォント変更

ここでは、英数字用のフォントを「Times New Roman」に変え、スタイルを「太字」にしました。

OK→OKと押すと、スタイルが変わりました!

1章と2章の書式が同時に変わっているのがわかりますね。

スタイルの便利な点がここです。
同じレベルの書式を一発で変更できます。

同様に、節(見出し2)、項(見出し3)もスタイルを変更します。

完成系がこちら

論文に使えそうな感じになりました。

良い感じ

おわりに

長文を作成するなら、Wordの「スタイル」は必須の機能です。

ぜひ使いこなしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次