今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

【効率化ランキング】OneNoteの便利なショートカット|1位は10倍効率化

  • URLをコピーしました!

OneNote(ワンノート)にはショートカットがたくさんあります。

でも多すぎて、ショートカット一覧を見てもどれが本当に使えるショートカットなのかわからないですよね。

そこで、OneNoteを10年以上使っている自分が、効率化できるショートカットをランキング形式でまとめてみました。

ぜひ上位のものから使ってみてください。

プロフィール
プロフィールのアイコン(にわとり)

とさか

  • 大手メーカー勤務の30代男性
  • 独自のタスク管理術により、残業が当たり前の職場で17時退社を4年以上継続
  • 飛び級で昇進試験をパスし、同期最速で係長に昇進
  • 社内の技術文書コンテストで優勝
目次

順位の決め方

順位は、私の経験から総合的に評価しています
時短効果、使用頻度、役立ち度などを考慮しています。

また、各ショートカットの時短効果を計測しました。
キーボードに手を置いた状態からマウス操作する場合と、ショートカットで操作する場合にかかった時間を比べています。
ショートカットで操作するとマウス操作よりも〇〇倍速い、ということを表しています。

なお、Ctrl + C(コピー)など、ごく一般的なショートカットは除外しています。

1位 テキストの行移動 Alt + Sfiht + ↑(↓)

時短効果:10倍(マウス5秒→ショートカット0.5秒)

1位は、OneNoteのテキストを自由に動かせるショートカットです。時短効果、使用頻度ともにトップクラスです。

言葉では分かりにくいので、画像で説明します。

Alt + Shift + 矢印キーで、箇条書きの行(段落)を丸ごと移動できます。
例えば、下の画像で「あいうえお」の行を選択した状態で「Alt + Shift +↓」を押すと、Afterのようにあいうえおの行が下に移動します。

いちいちカット&ペーストする必要がありません。
マウス操作の場合、キーボードからマウスに持ち替えて、文字全体をドラッグで選択して、カットして、移動させたい箇所でペーストして、と操作していると10秒くらいかかりました。

欠点としては、AltとShiftの同時押しが少し難しい点でしょうか。
ただこれも使っているうちに指が勝手に覚えます。

慣れてしまえば、ページ内のテキストを自由自在に動かせるので、使っていて楽しいです。

実はPower PointでもWordでも使えます
便利です。

万能ショートカットなので、ぜひ覚えましょう!

2位 テキストを折りたたむ Alt + Shift + –

時短効果:5倍(マウス2.5秒→ショートカット0.5秒)

2位は、テキストを折りたたむショートカット、Alt + Shift + (マイナス)です。
箇条書きのテキストにおいて、下の階層を折りたたむことができます。

こちらも画像で説明します。

前提として、OneNoteで箇条書きを使用している場面で使えます。

例えば、下の画像において、「五十音」の行で「Shift + Alt + -」を押すことで、Afterのように五十音の下の階層の文章を非表示にできます。

このとき、折りたたんだ印として、行頭に+マークがついているのがわかると思います。

また、「Shift + Alt + +」を押すことで、下の階層を再度展開することができます。

このショートカットによってOneNoteがすごく見やすくなります
OneNoteは、1ページに無限に書き加えられるため、情報が増えてくるとスクロールしないとページ全体の情報が見えなくなります。

しかし、このショートカットで重要度の低い情報を折りたためば、
重要な情報のみが可視化でき、ページの全体像を把握しやすくなります

なお、マウス操作の場合は、箇条書きのビュレットポイント(・)付近でダブルクリックをすればできます。
結構ピンポイントで狙う必要があるので、マウス操作だと時間がかかります。

打合せなどでこのショートカットを使っている場面を同僚が見ると、「それどうやるの!?」となることが多いです。

1位と2位は迷いました。そのくらい便利なショートカットです

3位 箇条書き Ctrl + . (Ctrl + 1)

時短効果:5倍(マウス2.5秒→ショートカット0.5秒)

3位は、箇条書きの生成ショートカットです。

テキストを箇条書きにするショートカットは、Ctrl + .です。普通のビュレットポイント(・)が文頭につきます。

他にも、

数字にしたい場合は 「Ctrl + /」

チェックボックスにしたい場合は「Ctrl + 1」

でできます。

私はOneNoteのほとんどのテキストを箇条書きにしています。
箇条書きにすることで、思考が整理されやすいからです。

特に、チェックボックス(Ctrl + 1)は一番よく使います
タスクを完了したらチェックをつけられるので、あとどの仕事が残っているのかをすぐ把握することができます。

チェックボックスってなぜかモチベ上がるんですよね

4位 ページ移動 Ctrl + Pageup(Pagedown)

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

4位はページ移動のショートカットです。

セクション内の一つ下のページに移動したいときは、Ctrl + Pagedown を押します。

ページは画像の赤枠のところです。
Ctrl + Pagedown で一つ下のページに移動できます。
逆に、Ctrl + Pageup で一つ上のページに移動できます。

また、ページ移動系ショートカットのまとめ記事もあるので、こちらもご覧ください↓

5位 検索する Ctrl + E

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

OneNoteの利点は、過去の情報がすべてデジタルで集約されている点です。

一方でOneNoteを長く使っていると、どこに情報があるかわからなくなるときがあります
あるいは、チームで共有している場合にも、情報探しに苦労します。

そんなときは、検索機能を使いましょう。

OneNote全体(開いているノートブックすべて)を検索したいときは、Ctrl + Eです。

Ctrl + Eを押すと、OneNoteの検索ボックス内にカーソルが行きます。

現在開いているページ内のみを検索するときは、Ctrl + Fです。

Ctrl + Fの場合、検索ボックスの左横に「ページの検索」と表示されます。

私はよくCtrl + EとFがごっちゃになるのですが、
「全体を検索したいときはExplore (探索) のE」
「ページ内のみはEの次のF」
と覚えています。

6位 OneNoteを起動する Windowsキー + 数字

時短効果:6倍(マウス3秒→ショートカット0.5秒)

OneNoteを操作する以前に、起動する必要がありますね。

設定すれば、Windows + 数字でOneNoteを一瞬で立ち上げられるようになります。

まず、OneNoteを立ち上げて、タスクバーにピン留めします

このとき、OneNoteのアイコンを配置した位置が、左から3番目の場合
Windows(田)キー + 3 でOneNoteを開くことができます。
(配置した順番が5番目であれば、Windows + 5となります。)

OneNote以外の他のアプリにも使えて、私の好きなショートカットです
ただ、使う頻度は1日に数回なので、この順位にしました。

7位 表を自動作成 Tab

時短効果:8倍(マウス4秒→ショートカット0.5秒)

テーブル(表)の作成は、Tabキーでできます。

まず表の冒頭の単語を打ち、次にTabキーを押します。

単語の後ろにカーソルがある状態でTabを押す
表を自動で作成してくれる

これだけでOneNoteが自動で表を作成してくれます。

また単語を入力して再度Tabを押せば列を追加できますし、Enterを押せば行を追加できます。

OneNoteの表は単語の長さに合わせて自動で表サイズを調整してくれます
これも嬉しい機能ですね。

計算はできないけど、Excelより気軽に使えます

8位 ノートブックの切り替え Ctrl + G

時短効果:3倍(マウス3秒→ショートカット1秒)

OneNoteで複数のノートブックを扱っている人は重宝します。

ノートブックの切替は、Ctrl + G でおこないます。

Ctrl + Gを押すと、画像のようにノートブックの選択ができる状態になります。
あとは、矢印キー(↑, ↓)で移動してEnterを押せば、任意のノートブックが開きます。

このショートカットを覚えておけば、ノートブックが増えてもストレスなく切り替えられます。

9位 1段落を選択 Ctrl + A

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

地味に便利なのがこれ。
Ctrl + Aで、1段落を選択できます。

1行目にカーソルがある状態でCtrl + Aを押すと、
1行目が選択された状態になる

他のショートカットとセットで使うことが多いです。
1段落が選択された状態で、

  • Ctrl + Cでコピーする
  • Ctrl + -で取り消し線を引く
  • Ctrl + Bで太字にする

といったように、さまざまな操作がやりやすくなります。

Wordや PowerPointでは、Ctrl +Aはページの全選択ですが、OneNoteでは1行のみが選択されます。

ちなみに、Ctrl + Aを2回押すと、ページの全選択となります

OneNoteの使い方をよく考えて作られているな、と感じます

10位 日付入力 Alt + Shift + D

時短効果:8倍(マウス4秒→ショートカット0.5秒)

紙のノートでも、いつ書いたかという日付はよくメモしますよね。

OneNoteなら、Alt + Shift + Dで今日の日付を一瞬で入力できます。

ちょっと覚えにくいですが、DayのDと覚えましょう。

また、時刻も入力したい場合は、Alt + Shift + Fで入力できます。
FはDの隣のキーですね。

「今日は何日だったっけ?」と考えなくていいので、時短効果は実質10倍以上ありますね

11位 OneNoteを複製 Ctrl + M

時短効果:6倍(マウス3秒→ショートカット0.5秒)

特にディスプレイを複数用いている方におすすめ。
Ctrl + Mを押すと、OneNoteのウィンドウがもう一つ開きます。

OneNoteを2つ開いて、別々のページを見ながら作業できます。
私はよく、実験ノートのページを見ながら、To Do リストのページに次にやることを書き込む、という使い方をしています。

注意点としては、複数のウィンドウで同じページを開いたままにしていると、動作が重くなります
別々のページを表示させておきましょう。

MはMulti のMですかね。

実験ノートやタスク管理など、仕事を効率化するOneNoteの活用事例もこちらの記事でまとめています↓

12位 新しいページを作成 Ctrl + N

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

そんなに頻度は多くないかもしれませんが、新しいページはCtrl + Nでサクッと作りましょう。

現在開いているセクションに新しいページが作成されます。

NewのN、と覚えましょう。

ちなみに、Ctrl + Shift + Alt + Nで現在のページの下の階層のサブページを作成できます。

4キーのショートカットはあまり使いませんが…

13位 前のページに戻る Alt + ←

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

何らかの方法でページを移動したとき、その前のページに戻るときは、Alt + ← で戻れます。
逆に、一度戻って、再度次のページに進む場合は、Alt + → で移動できます。

ページの行き来が簡単にできるので、別のページのテキストをコピペするときなどに便利です。

WEBブラウザと同じ感覚ですね

14位 全画面表示 F11

時短効果:4倍(マウス2秒→ショートカット0.5秒)

ノートパソコンで作業するときにおすすめ。
画面の小さいPCで作業していると、編集したいページのスペースが小さくなります。
ページの端が見切れると、作業性が落ちますよね。

そんなときは、F11で全画面表示しましょう。
ページがPCの画面いっぱいに広がるので、現在の作業に集中できます

戻したいときは、再びF11を押します。

(おまけ)ショートカットを覚えられない!の対策

ショートカットって、慣れるまでが大変ですよね。
いざ使おうと思っても、ショートカットキーを忘れてしまって、調べるのも面倒だから結局マウス操作する、というのは使い始めあるあるだと思います。

なので、ショートカットキーを覚えるまでは、見えるところに書いておきましょう。

おすすめは、Windowsの「付箋」アプリです。

このように、付箋に覚えたいショートカットキーを書いておいて、使いたいときに見るようにしましょう。
しばらく使っているうちに自然に覚えますので、そうなったら付箋から消しましょう

付箋アプリは、Windows(田)キーを押して、検索窓に「付箋」と入力すれば呼び出せます。
(Windowsのバージョンによっては、Sticky Notesという名前かもしれません。)

紹介したショートカット一覧表を載せておくので、好きなショートカットを付箋にコピペしておいてください。

アクションショートカット
テキストの行移動 Alt + Sfiht + ↑(↓)
テキストを折りたたむ Alt + Shift + –
テキストを展開するAlt + Shift + +
箇条書きCtrl + .
チェックボックスCtrl + 1
上下のページに移動 Ctrl + Pageup(Pagedown)
検索するCtrl + E
表を作成(単語の後で)Tab
ノートブックの切り替えCtrl + G
1段落を選択 Ctrl + A
日付入力 Alt + Shift + D
OneNoteを複製Ctrl + M
新しいページを作成 Ctrl + N
前のページに戻るAlt + ←
全画面表示F11

おわりに

この記事で紹介したショートカットはすべて、1日に1度は使っています。

ショートカットは使っていくうちに指が覚えます。
実際に私もショートカットは無意識に押していて、何を押しているか覚えていないくらいです。

慣れるまでが大変ですが、効果の大きいものから順に使ってみてください。
ショートカットの時短効果は地味ですが、積み上げることで大きな差となります。

また、OneNoteってどう使うのが良いのか?という方に活用事例も紹介していますので、こちらをご参照ください↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次