今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

【Word】アウトラインの番号書式を自分好みに設定する方法

Wordとアウトライン
  • URLをコピーしました!

Word(ワード)では、見出しにアウトラインを設定すると自動で見出し番号を付けてくれます。
長文作成に便利ですね。

しかし、デフォルトのアウトライン書式はちょっと違和感があるので、自分好みに変えましょう!

本記事では、アウトラインの書式を自分好みに変える方法を丁寧に説明します。

目次

やりたいこと

Wordで、見出し(章や節のタイトル)をアウトラインに設定するといろいろ良いことがあります。

章や節の番号を自動で並べ替えてくれたり、スクロールせずに各パートにジャンプできたりします。

アウトラインと見出しを連動させる方法は、前記事で詳しく説明しています。

ただ、デフォルトのアウトラインの書式は↓のような感じで、そのままでは使いづらいです。

デフォルト

そこで、本記事では、アウトラインの書式を自分好みに設定する方法を紹介します。

一例ですが、完成形を先に載せます。

完成形

番号の形式や、先頭の位置なんかを変更しています

アウトラインの書式設定の手順

やることは大きく分けて3つです。

手順
  • 番号の書式を変更する
  • 先頭を揃える
  • 番号とタイトルの空白を調整する

順に説明します。

番号の書式を変更する(章番号)

まずは、「第1章」という形式を、「1.」という形式に変えるやり方を例にします。

前記事で、見出しにアウトラインを適用しました。
このアウトラインの番号書式を変更します。

まず、章の見出しにカーソルを置き、【アウトライン】の中の【新しいアウトラインを定義】を押します。

ウィンドウが開き、【番号書式】に、現在の書式が入っていることがわかります。

数字以外は自由に変えられるので、第、章の文字を消去します。
また、数字の後にピリオドを打ちます。

消去

また、数字は半角にしたいので、下の【このレベルに使用する番号の種類】で、半角数字を選びます。

半角数字を選択

これでOKを押すと、見出し1の番号書式が変わりました!

番号書式が変わった

番号の書式を変更する(節・項)

節や項も同様です。
「第1節」の行にカーソルを置き、また【新しいアウトラインの定義】を押します。

すると、レベル2の設定画面が開きました。

今度は、「1.1」のように、章番号を含める形にしたいと思います。

第や章の不要な文字を削除したら、先頭にカーソルを置き、【次のレベルの番号を含める】で、レベル1を選択します。

すると、【番号書式】に、1が入りました。

これは、1章の1です。

1.1という形式にしたいので、間にピリオドを打ちます。

OKを押すと、節の書式も変わり、章番号.節番号という形式に揃いました。

同様のやり方で、項番号の書式も揃えます。

項も設定

これですべて書式を揃えることができました。

ここでは1例を示しましたが、自分好みの記号などを使うこともできます

先頭を揃える(インデントの調整)

あと、デフォルトの設定だと、見出しの先頭の空白(インデント)が気になります

インデントの例

私はインデント不要派なので、このインデントを無くして先頭を揃えたいと思います。

まず、どこでもいいので見出しにカーソルを置き、また【新しいアウトラインの定義】を押します。

全ての見出しを一括で変更したいので、【すべてのレベルに設定】を押します。

すべてのレベルに設定

ウィンドウが開いたら、【第1レベルの字下げとぶら下げ】 と【各レベルの追加インデント】 とを0mmに設定しましょう

すると、すべての見出しのインデントがなくなり、先頭が揃いました!

そろった

もし先頭に少しインデントが欲しければ、先ほどの設定画面で0mmではなく多少のインデントを設定しましょう。

番号とタイトルの空白を調整する

細かいことですが、私は見出し番号とタイトルの文字のスペースが空き過ぎな気がしました。

スペースが広い

このスペースの調整方法も説明しておきます。

先ほどと同様に、【新しいアウトラインの定義】ウィンドウを開きます。
下の方の、【オプション】ボタンを押します。

画面が広がるので、右下の【番号に続く空白の扱い】で、「スペース」を選択します。

スペース選択

OKを押すと、番号とタイトルの間が半角スペースのみになりました。
(私はスペースが見えるように、スペース部分に小さな点が入る表示設定をしています。)

スペースになった

良いですね。

残念ながら章・節・項のすべてを一括で変更できないため、節・項についても同じ手順を繰り返します。

全て揃いました。

完成です!

おわりに

紹介した方法で、見出しの書式が気持ちよく揃いましたね。

また変更したくなったときも、全体を一括で変更できるのが良いところ。

ぜひ活用して長文作成をラクにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次