Workflowyは無料版でもOK!有料版にすべき条件は?

  • URLをコピーしました!

「Workflowyは無料版で使い続けられるか?」

「有料版のメリットは?」

Workflowyを使い始めると、こういった疑問が浮かぶだろう。

私はWorkflowyを6年くらい使っている。これまで34,147行(約170万文字)を作成した。

筆者のWorkflowy使用歴

はじめの4年は無料版だけで使っていた。しかし、ブログ執筆にWorkflowyを使い始めてからは、有料版のメリットが大きいため、有料版に切り替えた。

本記事では、無料版も有料版も使い倒している筆者が、それぞれを比較し、まとめたものだ。

迷っている人は、ぜひ参考にしてほしい。

目次

結論

まず結論だ。

無料版か有料版かの違いは、

  • スマホのみなら、無料版
  • スマホでもPCでも使うなら、有料版

ということになる。

以降で詳しく説明する。

無料版と有料版の比較

無料/有料の比較

無料版と有料版の違いをまとめた。

有料版(Pro)によって得られる機能は、次の通りだ。

有料版の追加機能
  • 項目数の制限なし
  • アップロード容量の拡張
  • 共有オプションのフル機能
  • Dropboxへの自動バックアップ
  • プレミアムサポート

このうち、最も価値があるのは一つ目の「項目数の制限なし」だ。他はおまけに過ぎない。

つまり、無料版と有料版の比較は次のような単純なものとなる。

無料版有料版
追加できる項目数月250行まで無制限
料金無料月5ドル

シンプル!

無料版の制限と対策

無料版の制限でもっとも痛いのは、項目数の制限だ。追加できる行数が月に250個までとなる。

思考ツールとして使うなら、月250行では全然足りない。250行以下でやりくりする手もあるが、どうしても思考に歯止めがかかってしまうため、ナンセンスだ。

ただし、無料版で無制限に使う方法が一つある。なぜか、スマホアプリだと制限がないのだ。

仕様なのかはよく分からない。私もはじめは、アプリにも250行の制限があると思っていた。だから、「あれ、制限がないぞ」と半信半疑で使っていた。

しかし数年間無制限で使えているので、今後もスマホアプリは無制限なのだろう。

有料版のメリット|PCでの編集が効率的

有料版のメリット=PCとスマホを併用できること

では、有料版(Pro)にするメリットは何だろうか。それは、PCでもスマホでも無制限に使えることだ。

無料版でも、PCで使うことはできる。しかし、PC(WEB版)だと、項目数に250行の制限がかかるから、実質的に使えない。

つまり、有料版の最大のメリット=PCでもスマホでも使い放題、ということになる。

PCとスマホを併用するメリット

では、PCを併用するとどんなメリットがあるのかを書きたい。

そもそもPCは使わない、という人も今は多いかもしれない。

ただ、Workflowyでガッツリ文章を編集するなら、PCの方が効率的だ。

私も、このブログの下書きをWorkflowyで書いている。Workflowyでは、構造化や文章の並べ替えがしやすく、ブログがすごく書きやすい。

他にも、

  • ショートカットで速い
  • コピペが簡単
  • 大画面で全体を把握しやすい

というメリットもある。

メモ程度に使うならスマホアプリで十分だろう。しかし、ちゃんとした文章を書くなら、PCでの編集をおすすめする。

PCはハイスペックでなくて構わない。私も、3万円台のノートPCを使っているが、全然問題ない。

Workflowyは動作が軽くて好き

まとめ

有料版は月5ドル(約700円)だが、無制限にトピックを増やせるので無限に思考を広げられる。このストレスフリーさを考えると、めちゃくちゃコスパが良いと思っている。

ただ、メモ程度に使う人にとっては価値を発揮しづらいだろうし、それぞれの使い方次第だと思う。無限の使い方があるのも、Workflowyというアウトライナーの良さだ。

私は、Workflowyをタスク管理にも使っている。タスク管理とも相性抜群なので、ぜひ参考にしていただきたい。

他のWorkflowy記事はこちら↓

プロフィール
プロフィールのアイコン(にわとり)

とさか

大手メーカーに勤める30代会社員。入社3年目に担当プロジェクトが失敗し、会社に5億円の損害を与える。しかしその4年後、飛び級で昇格試験に合格し、同期最速で係長に昇進。(失敗談の詳細はこちら
2児のパパで、家族の時間を確保すべく17時退社を徹底している。読書と効率化が大好き。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次