今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

【丁寧に解説】Googleカレンダーとたすくまを連携する方法

予定を調整する人
  • URLをコピーしました!

たすくまは1日の予定を立てるのは得意です。
しかし、1週間先の予定などはやはりカレンダーで管理した方が良いです。

カレンダーアプリとして、Googleカレンダーを使っている人も多いでしょう。

本記事では、Googleカレンダーとたすくまを連携させる方法を丁寧に解説します。

プロフィール
プロフィールのアイコン(にわとり)

とさか

  • 大手メーカー勤務の30代男性
  • 独自のタスク管理術により、残業が当たり前の職場で17時退社を4年以上継続
  • 飛び級で昇進試験をパスし、同期最速で係長に昇進
  • 社内の技術文書コンテストで優勝
目次

たすくまとカレンダーの連携の仕組み

まずは、たすくまとカレンダーの連携の仕組みを理解しましょう。

たすくまに取り込めるのは、iOSの標準カレンダーのみです。(ここではiPhoneカレンダーと呼ぶことにします。)

しかし、iPhoneカレンダーにGoogleカレンダーの予定を同期させれば、Googleカレンダーの予定をたすくまに取り込むことができます。

つまり、Googleカレンダー → iPhoneカレンダー → たすくま という流れになります。

では、連携方法を順に説明します。

iPhoneカレンダーの予定の取り込み

iPhoneカレンダー(iOSの標準カレンダー)をたすくまに取り込むのは簡単です。
たすくまの「設定」タブを押し、「その他」→「カレンダー取込」を押します。

カレンダーを取込

デフォルトはオフになっているので、オンにしましょう。
オンにすると、カレンダーへのアクセス可否を聞かれるので「OK」を選択します

すると、iPhoneカレンダーの項目が並びます。
(表示されない場合は、一度設定画面に戻り、またカレンダー取込を押してみてください。)

カレンダーの項目

リストの中から取り込みたい項目を押すと、チェックが付きます。

カレンダーにチェック

これで連携完了です。
iPhoneカレンダーの予定が、たすくまに取り込まれるようになりました。

Googleカレンダーの予定の取り込み

次は、Googleカレンダーの予定をiPhoneカレンダーに取り込みます。
iPhoneのカレンダーアプリではなく、iPhoneの「設定」を開きます。

設定アプリを選択

下にスクロールして、「カレンダー」を選択します。

カレンダーを選択

「アカウント」を選択。

アカウントを選択

「アカウントを追加」を選択します。

アカウントを追加

すると、連携したいアカウントが出るので、Googleを選びます。

Googleカレンダーを選ぶ

Googleのログイン画面が出てきますので、あとは画面にしたがってGoogleにログインすれば連携できます。

アカウントを追加できたら、今度はiPhoneカレンダーを開きます。

画面下の「カレンダー」を押します。

「GMAIL」というリストがGoogleカレンダーです。(同期にはちょっと時間がかかるかもしれません。)

この中で、同期したい項目にチェックを入れましょう!

あと一息です。
再度たすくまの「カレンダー取込」を開き、Googleカレンダーの項目があるかチェックします。

あれば、取り込みたいGoogleカレンダーの項目にもチェックを入れておきましょう。

チェックを外しておけば、たすくまには取り込まれません。うまく使い分けましょう。

おつかれさまでした。これで完了です。
明日以降、Googleカレンダーの予定がたすくまのリストに並んでいるはずです。

おわりに

たすくまのアプリのみですべての予定・タスクを管理したい気持ちもあります。

しかし、たすくまはあくまでクローズドリスト(今日やることのリスト)なので、先の予定を管理するのは得意ではないですね。

なので、Googleカレンダーなどとうまく連携できればより快適に使えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次