今だけ、Audibleが2ヵ月無料! 詳しくはこちら

【英語力不要!?】英会話テストの点数を即効で上げる方法

面接
  • URLをコピーしました!

スピーキングテストの点数が全然上がらない…
英会話テストまでの時間があまりないから、すぐに点数が上がる方法を知りたい

このような悩みはありませんか?

私も過去に同様の悩みを抱えていましたが、ある方法で英会話テストの点数が大幅にUPしました。

本記事では、自分がやったことを紹介します。
英語力不要です。

目次

状況:すぐに英会話テストの点数を上げたい!

私は会社で昇級試験を受けることになったのですが、英会話テストも受けることになっています。
英会話テストの内容は、ネイティブの面接官と10分ほど英語でやりとりする、というものです。

しかし、あまり時間はありません。英会話テストまで残された時間は1ヶ月程度でした。
悠長に英語の勉強をしても、1ヶ月で大きな効果が出るとは思えません。

しかも、過去に何度か同じ英会話テストを受けているのですが、全然良い点が取れていませんでした

以前、「本気で勉強して良い点を取ってやろう!」と意気込んで、オンライン英会話レッスンを50時間ほど受講したことがあります。

しかし、それでも点数は全然上がりませんでした。

確実に英語力はUPしたと思うのですが…悔しかったです

そこで、即効性がある英会話テスト対策を模索しました。

私がやったこと

とにかく即効性がありそうな方法を考えました。

私がやったのは、

  • 想定質問に対して日本語で作文する
  • ChatGPTに英訳してもらう
  • 生成された英語を音読サイトで音声にする
  • 録音した英文をひたすら聞いて暗記する

の4ステップです。順に説明します。

想定質問に対して日本語で作文する

まずは日本語で想定質問の答えを作文しましょう。
いきなり英作文しようとしても、手が止まるか、論理のおかしな文章になると思います。

私の場合、英会話テストはフリートークですが、仕事、趣味に関する質問は鉄板でした。
あと、家族のことについても聞かれることが多いです。

なので、これらのトピックについて、できるだけ詳しく日本語で作文しました。

あとでコピペできるようにデジタルのメモ帳がいいですね

ChatGPTに英訳してもらう

この手法の肝です。ChatGPTの力を借ります。

これまで、私は想定質問の答えを自分で英訳していました。
しかしそれだと、自分の知っている単語しか使えないし、不自然な英語が出来上がっていたと思います。

文法も怪しいので、それでテストの点数が上がらなかったのでしょう

しかし、今はAIが自然な英文を作成してくれます。

ChatGPTの使い方は次の通りです。

  • ChatGPTにログイン(初めてならサインアップ)する。
  • 「日本語をわかりやすい英語にして」と入力する。
  • 作文した日本語をコピペする。
ChatGPTとの会話

数秒で、おそらく文法的にも正しい自然な英語が出来上がります。

生成された英語を音読サイトで音声にする

生成された英文をそのまま自分が喋っても、おそらく日本人特有のアクセントや発音など、ネイティブには聞き取りづらいだろうと考えました

そこで、ChatGPTで生成された英語を、音読サイトでネイティブの発音に変えてもらいます。

私は、「音読さん」というサイトを使いました。

使い方は簡単です。

  • 音読さんに、ChatGPTの英文をコピペする
  • 音読された音声をダウンロードする

これで、自然な英文のネイティブの発音が手に入りました。
(文字数に上限があるため、上限を増やすためには無料の会員登録が必要です。)

録音した英文をひたすら聞いて暗記する。

最後のステップです。

録音したネイティブの音声を聞いて、暗記します。

最初は耳が慣れるまで音声を聞いて、慣れてきたらシャドーイング(音声を追いかけながら自分の口でも喋る)すると効果的です。

英文を覚えてしまって、口からすらすら出るようになるまで繰り返します。

試験でのポイント

上記の方法で、たった数時間の勉強で点数が大幅に伸びました
(勉強と呼べるかわかりませんが…)

あと、当日の試験で意識したポイントを伝えておきます。

試験では、とにかくたくさん喋りましょう。

スピーキングテストで見られているのは、”あなた”が、何を喋るかです。
こちらのペースにすることです。

相手の質問にひとことで答えていると、次から次へと質問が飛んできます。
そうなると、聞き取れない質問や、答えの思いつかないような難しい質問が飛んできます。

たまに日本語でも答えられないような質問あるよね

喋り倒す作戦のおかげか、質問にはあまりうまく答えられなかったですが、それでも点数が上がりました。

おわりに

英語力をいっさい使わず、英会話テストの点数を上げることができました。

英語をまじめに勉強していた頃よりも遥かに短時間で点数を上げることができ、驚いています。

ただ、この方法でも”話す力”は実際に上がったと感じています。
特定のトピックについて、考えずともすらすらと英語を喋れるようになりました

今回は試験対策なのですぐにやめてしまいましたが、この方法を継続していけば、様々なトピックについて英語を話せる=英会話力が上がりそうだと感じました。

意外と良い勉強法なのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児と仕事の両立を目指す、大手メーカー勤務の30代男性。一男一女を育児中。毎日残業が当たり前の職場だが、子どもが生まれたのを機に仕事を超効率化。独自のタスク管理術で、定時退社を4年以上継続中。
一方、社内でも飛び級で昇進試験に合格するなど、限られた時間で成果をあげている。
効率化が大好きで、仕事術に関する本を年100冊ほど読んでいる。

目次